峨 嵋 山 (がびさん)



    峨嵋山は山口県光市の室積半島にあり、大小の起伏が連なる峰の中心部に位置します。
    標高は116.9mの低山ですが、国指定天然記念物の原生林に近い姿を留める暖帯性樹  
    林に被われ、尾根道は自然研究路として整備されています。
    展望は梢越しに得られる程度ですが、東端の岩稜からは素晴らしい眺望が得られます。 





          
inserted by FC2 system