木ノ宗山

   木ノ宗山は標高413.1mで広島市東区と安佐北区の境界に位置し、山頂は木
 ノ宗山城跡で本丸跡などは比較的雰囲気を残しています。主な登路は西と東と
 から開けていますが城址だけに何れの道も急です。特に西側は急峻、険峻極ま
 りない地形で侮れません。
   山頂からの展望は素晴らしく、南側は福田地区から馬木地区の町並みを眼
 下にし藤が丸山、呉婆々宇山、二ヶ城山、阿武山、武田山などの山々が望まれ、
 広島湾まで遠望できます。北側は三篠川の上流から鬼ケ城山、白木山、安駄山
 高鉢山などが広がります。 

   
inserted by FC2 system