曽場ケ城山

 
  曽場ケ城山は東広島市八本松町にあり戦国時代の連郭式山城跡と云  
 われ、今日でも本丸、二ノ丸、三ノ丸、午の段等の呼称が残り石垣や井戸
 跡もありそれらしい雰囲気を感じさせます。
  山頂は本丸跡から鞍部を隔てた出丸のような場所で一ツ城跡と書かれ
 ていました。展望は意外に悪く成長した樹木により視界が遮られ、東方向
 に西条盆地、北側に八本松駅方向が開ける程度です。
 

            
inserted by FC2 system